スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

事実

5月頭にとてもショックな出来事がありましたが、ようやく立ち直ってきたところです。
「A列車で行こう」に触れるだけで気分が曇ってしまうので、実際3週間ほど完全に離れていました、
A21Cからこれまで長年楽しんできた趣味なので、今後も楽しんでいきたいなとは思うのですが…。

今更ぶり返す必要もないのですが、自分自身のモヤモヤにケリをつけるために書きます。

阪急再現MAPの作業を開始したサラザァル氏から車両データ協力のオファーを頂く



制作済みのデータをお渡しするぐらいしか力になれないが出来る範囲で協力します!と伝える



すると以下の三点の要望が送られてくる

①車番を変更してください ← OK
②幕は無地にしてください ← OK

上記二点は何も問題ありませんが、三点目の内容に違和感がありました
正直この一方的で曖昧な要望を提示してきた時点で、不穏な空気はありました

③種車は101系、103系、201系に統一してください ← えっ?101、103系種車で制作してないけど??



ライト位置にこだわりたい等強い意向があるそうで、せっかくの機会だし!と指定の種車へ移植を試みる



私自身が納得出来るクオリティにはならないので、「種車の移植(変更)は難しい」と伝える



「無理ならそのままでも構わない」と返答を頂く



再度種車の変更を検証するも断念。「要望には応えられない、既存のデータ(種車)なら提供可能」と伝える



承諾を頂いたのでデータを提供
「HMやラッピング等の追加加工をしてもよいか」と申し出があり
「実在するHMやラッピングの追加ならOK、痛車は勘弁」と伝える



朝起きると、阪神種車3扉だった7000系が4扉になっている(おそらく201系に移植?)SSが公開される



種車の変更は断ったし、そちらで種車を移植するなんて聞いてないし許可もしてないので、
「7000系が4扉になっていますが、ご依頼の際にもお断りしたように、種車の変更(移植)は本意ではありませんのでご遠慮ください!お渡しした状態が最高のものだとの自負がございますので、どうか未熟な作者の意向を汲んでいただけますように!」と抗議



「再調整(種車の変更等)を許可していただけない場合は車両の使用を控えます」と返答あり



この期に及んで許可も何も…
もうこれ以上関わりたくないと思ったので、「当方のデータは使わないことにしましょう」と伝える



直接返事はなく、「なんかもうわけわからん」と呟かれる


その後、車両を自作してMAP制作を継続すると表明したまでは特に気にすることではなかったのですが、

「自作車両なら文句は言われないから気楽だ」
「いつかとても親切な人が再現してくれるといいですね」


などと、明らかに私を挑発する発言をしていました。

『種車の変更はご依頼の段階でお断りしましたし、先方で変更するとの申し出はありませんでした。「既に制作したデータでも構わない=種車変更はしない」と解釈していましたが、見解の違いがあったようです。「許可を頂けないなら使用しない」とのことだったので、「じゃあそうしましょう」ということ。』
『お互い妥協できなかった為に破談になっただけの話。嫌味を言われる筋合いはありません。』


という私の発言に対し、『追加加工をすることは伝えたが齟齬があった』と反論していましたが、
相手からは「HMやラッピング等の追加加工をしてもよいか」という申し出しかありませんでした。
私が渡したテクスチャデータを別の車両に移植することを「追加加工」とは言わないと思います。

そもそも私が難色を示した種車変更を、ハッキリ明言せずに行うのは配慮が無さすぎると思います。
なぜ、「自分で種車の変更(テクスチャの移植)をしても構わないか?」と確認出来なかったのでしょうか。
作者自身が「出来ない」と言ったことを、「貰ったデータを無断で流用する」という発想自体がおかしいです。

まして私が抗議したことを「文句を言われた」と解釈しているなど、とても常識のある方とは思えません。
種車変更云々が問題なのではなく、そういった信用に欠ける言動をする方とは関わりたくないと思いました。

『再現動画や他の作者に対して「自分の車両を使え」「再現MAPを作れ」と煽っていた』
『需要も考えずにそんなことを言われても…』


という発言もありましたが、これは誤解を与えるための悪意ある事実の歪曲です。

まず、私がブログでそういう願望を書いていたことと、今回の一連の出来事は何ら関係ないことです。
確かに、「車両を使ってほしい」「再現MAPを作ってほしい」という趣旨の発言は何度もしていますが、
命令口調で書いたことなんてないし、動画コメントや作者に直接クレクレなんてしたことはありません。

「車両を使ってほしい」「誰かMAP作って」などと書くことで不快に感じる人はいるかもしれませんが、
どこにも宣伝していない、リンクも貼っていない、自分の趣味でやっている極めてプライベートに近いブログで、
叶いもしない願望を自虐の意味も込めて綴っていることを「煽り」と言われても、言いがかりとしか思えません。
需要が無いと言われても、自分の趣味でテクスチャ制作を楽しんでいるのに、需要なんて考えるかっての。

自分自身のつまらないこだわりが災いして、せっかくの機会を逃してしまったなぁ…という認識でしたが、
サラザァル氏は自分の思い通りにならなかったことが余程気に食わなかったのでしょうね。
まさかこちらに非があるかのような扱いをされるとは思いもせず、正直今でも気持ちが晴れません。

不意に彼の名前や言動を目にすると気分が悪くなるので、もう今までのようには楽しめなくなりました。









スポンサーサイト
[ 2014/05/30 01:31 ] 残念な出来事 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。